フォルックメンバーブログ

株式会社フォルックのメンバーが、起業/プログラミング/ルームシェア等に関して書いております。

住む街について(私の引っ越し後の後悔)

こんばんわ藤田です。
ブログを見てくださっているみなさん。

藤田と田中が交互に書いていることに気づいてきましたか?
田中はブログセンスあるので負けないように頑張ります!

今日は私たちがリリースしている「FolookTown」にも少しつながる話です。

みなさん。
引っ越しした後に後悔したことありませんか?

実は私は引っ越しして酷く後悔したことがあります。。。

今回は私の引っ越し時の後悔についてまとめてみました。
ただ実は不動産を決めた時は最高の物件だ!と思ってました。
そこには落とし穴があったんです。。。

f:id:folook:20170427003246j:plain

 

引っ越しして「住むんじゃんかった・・・」と後悔したこと

①マンションの1Fがスーパー

f:id:folook:20170427003334j:plain

一見いいなと思うかもしれませんがこれが落とし穴です。
実は私の中で一番後悔したのがこれなんです。

1Fのスーパーが24時間営業でした。もうお分かりですよね。夜にトラックの搬入がばんばん来るんです。たまったもんじゃないです。
更に治安も良くなかったので、若者がたむろしておりよく声が聞こえてきました。
不動産を探すときは基本的には昼で、夜の実情はまったくしらなかったので、後悔のレベルも大きいものでした。

②繁華街が近い

f:id:folook:20170427003417j:plain

私は飲むのが好きなので、単純に居酒屋が近い立地の物件を選びました。駅の近くに居酒屋が集中しており、その近郊に私の家がありました。
週末に飲む時は良いのですが、問題は平日です。

居酒屋がある→酔っ払いの人増える→日ごろのストレス発散で発狂する人がいる→挙句の果てに喧嘩しはじめる

嘘のようですがなぜか私の部屋のインターホンが鳴りモニターで確認すると酔っ払いのおじさん。
こんなこともありました 笑

③通勤ラッシュ

f:id:folook:20170427003446j:plain

予想をはるかに上回ってました。
東京といえば!の「東西線」「埼京線」は経験していたので問題ないと思ってましたが、一時的に「東西線」「埼京線」並みの込み具合になるんです。
ただその時間は避けて通れない時間でしたので、2年間あきらめて耐え抜きました!

④極度の駅近

f:id:folook:20170427003531j:plain


駅に近いからいいね!とよく友人に言われました。これも落とし穴です。
うるさいんです。終電が25時前まであったので、丁度寝るときに電車の音で眠りにつくのに困りました。今私が夜寝れなくて困っていたのも、この2年間の習慣のせいかもしれません 笑

 

後悔を受けて


次の引っ越しの際には、以下の内容をチェックするようにしました。

・夜に街にいく
 内覧するときは基本的に昼なので、夜に物件の近くに行き「騒音」「治安」を確認しました。次いでに美味しそうなご飯やも見つけちゃいました。

・朝も街にいく
 丁度有給があったので朝から街に行ってみました。
 通勤ラッシュの確認以外に大きな理由はなかったのですが、「おいしそうなパン屋」、「街医者」等が目につき収穫になりました。

・住んでる人に聞く
 これは荒業ですが、駅前の人に直接聞きました。(かなり恥ずかしかったです)
 ただそうすると、「実は〇〇」という意見が良い面も悪い面も出てきて、住んでる人に聞くのが一番だと実感しました。

最後に

何が言いたいかわかりますよね 笑
私が「FolookTown」をリリースした根底には自分自身の後悔があります。
人生の中でも短くはない1年~2年を後悔で済ませるのはもったいない。

自分自身が
 仕事をする上で
 友人と遊ぶ上で
 趣味を楽しむ上で
一番適した街に住むべきです。
仮に2年住んだと仮定すると、賃貸の場合200万ほど払って後悔を買うことになります。
そんな失敗したくないですよね。。。

ただそれを解決するためにはどうすれば良いか・・・上で話した通りです。
そこに住んでいる人に聞くのが一番です。

話が遠回りになりましたがそんな後悔もしてほしくないので「FolookTown」をリリースしました。

引っ越し検討中、来年は引っ越そうかな?と思っている人
是非一度使ってみてください。

http://folook.co.jp/folooktown

 

 
もちろん検討していない方も様々な用途でお使いいただけます!

実際に現在も「自分の街についてもっと知りたい人」等もじゃんじゃん使ってもらってます!


みなさんの今後の住む街が最高になればと思います。
ではまた。